目の下のたるみ改善は抗酸化エイジングケアで老け顔とおさらば!

まずは目の下のたるみの原因を知ることからスタート!

目の下のたるみ改善

しみ、しわに加えて年齢を重ねるとともに気になるのが「たるみ」でしょう。ふと気付いたときに、たれ下がってしまった肌を見ながらやるせなく加齢を恨んだりした方も多いでしょう。

 

とある「たるみ」に関するアンケートでは、世代を問わず「たるみが気になることがある」と答えた方は全体の93%に及びました。お肌のたるみの中でも特に「目の下のたるみ」は老け顔や疲れ顔の印象を与えてしまうので改善したい部分ではあるでしょう。

 

ここでは、目の下のたるみ改善のために加齢に負けない抗酸化エイジングケアをご紹介していきます。

 

 

目の下のたるみの3大原因

新比の変性状態

 

たるみはシワと同様、真皮のコラーゲンやエラスチンの変化によって起こります。

 

皮膚は、表皮・真皮・皮下組織の3層からできており、その下に脂肪組織と筋肉があります。若い人の肌は、みずみずしく弾力がありますが、これは皮膚の内部で細胞分裂が盛んに行われ、新陳代謝を繰り返すことで、柔軟性・弾力性のある肌が保たれているからです。

しかし、それも20歳を過ぎた頃から、その働きが衰え始め、だんだん柔軟性が失われていきます。

 

主な目の下のたるみの原因は以下の3つの大別されます。

 

原因1.肌の弾力の低下

真皮内で、バネのような構造で肌のハリを支えるコラーゲンやエラスチンの質が変化して、肌の弾力が失われます。

 

原因2.皮下脂肪の肥大化

皮下脂肪は脂肪組織の大部分を占め、エネルギー貯蔵、保温などのはたらきがあります。この皮下脂肪が年齢を重ねることによる代謝機能の衰えで肥大化し、重力の影響により下方向へ落ちてきます。

 

原因3.筋肉の質の低下

顔の表情筋は手足の筋肉とは異なり、骨ではなく直接皮膚についているため、細かな表情を作り出すことができます。加齢にともない腕や脚の筋肉が衰えるように、顔の筋肉も衰えていき、その上に位置する皮膚や皮下脂肪を支えきれなくなります。

 

目の下のたるみを引き起こす老化の元「活性酸素」とは!?

たるみは「外的要因」「内的要因」「生活習慣要因」によって引き起こされます。

 

  • 外的要因

  1. 乾燥
  2. 紫外線
  3. ストレス

 

  • 内的要因

  1. 活性酸素

 

  • 生活習慣要因

  1. 喫煙
  2. 睡眠不足
  3. 栄養不足

 

中でも老化の大きな原因となるのが、「活性酸素」です。 老化の大きな原因となるのが、「活性酸素」です。

活性酸素は本来は体にとって必要な物質で、白血球から放出され、その強い殺菌力で体内の細菌やウイルスを撃退する役目をしています。
ところが、活性酸素は過剰に蓄積されると、正常な細胞や遺伝子をも攻撃(酸化させ)するようになってしまうのです。人間はおよそ60兆の細胞で構成されますが、その細胞の外側にある細胞膜は不飽和脂肪酸という油で作られています。不飽和脂肪酸は活性酸 素と結びつくことで酸化して過酸化脂質となり、細胞が老化してしまいます。

 

鉄が酸化してサビるのと同じように、 体内でも活性酸素の影響によって酸化が生じ、体がサビてしまうのです。活性酸素により細胞がさびて行くと、内臓や皮膚、骨などの組織がダメージを受け、老化やガン、生活習慣病などにつながると言われています。

 


目の下のたるみ改善は抗酸化力の高いエイジングケアを

抗酸化エイジングケア

老化の大きな要因である活性酸素を抑えることでもっとも重要なことは、原因となる外的要因をなくすこと。紫外線対策やストレスを防ぐ生活を心がける必要があります。

 

私たちの体の中には元々活性酸素を抑える「抗酸化物質」(SOD)という成分が備わっています。

しかし、それも30歳を過ぎるとぐっと少なくなってきます。そこで、その役割をしてくれる物質を摂取することが必要になってきます。

 

バランスの取れた食生活やスキンケアで、抗酸化物質を取り入れることが重要です。では、肌の酸化防ぐ抗酸化成分にはどのようなものがあるか見てみましょう。

 

 

エイジングを遅らせる注目の抗酸化成分

活性酸素の増えすぎを予防するなら、活性酸素と戦ってくれる抗酸化成分の入った化粧品で活性酸素の悪外に打ち勝つためには必須要素となります。

 

ビタミンC

美白に作用する成分として有名ですが、実は抗酸化作用、コラーゲン生成作用など、美白作用以外にも様々な作用があります。

 

乾燥や紫外線により活性酸素が発生すると、細胞が酸化する原因となりますが、ビタミンCは、細胞の代わりとなり自らが活性酸素に酸化され、細胞を守ります。安全性も高いので、日々のお手入れでビタミンC入り化粧品を使うのもお勧めです。

 

ビタミンE

脂溶性のビタミンで、主に代謝によって生成される活性酸素から細胞を守り、脂質に対する強い抗酸化作用を持っています。血管を拡張して血行を良くするため、肌のくすみの改善や老化防止作用が期待できます。

ビタミンCと一緒に摂ると、効果的に抗酸化作用を補い合うことができます。

 

アスタキサンチン

β-カロテンやリコピンなどと同じく、自然界に存在するカロテノイドの一種で、鮭やエビなどに含まれる赤色の色素です。茹でると赤くなるのはこの色素のためです。

強力な抗酸化作用を持ち、その効果はビタミンEの500~1000倍、βカロテンの約40倍ともいわれています。
活性酸素の中でも特にシワの形成に深く関与している一重項酸素を消去する働きが強く、化粧品成分として注目させています。

 

フラーレン

イヤモンドと同じ炭素のみから構成される物質で、非常に小さいサッカーボールのような形をしています。

発見者はノーベル化学賞を受賞している注目の成分です。
フラーレン化粧品はどんどん人気が出てきており、テレビでも紹介されております。
フラーレンの強みはなんといってもその「抗酸化力」。ビタミンCの172倍といわれる抗酸化力で、老化の原因となる活性酸素を無害化します。

 

強い抗酸化力を持っていながら低刺激のため、美容業界も注目している成分で、日本で1,000を超える美容皮膚クリニックで使用され、医療用途向けに研究開発も行われています。

 

ルテイン

カロテノイドのひとつで、ホウレンソウやケールなどの緑葉野菜に含まれている黄色の天然色素です。常に紫外線にさらされる植物に含まれていることから、過酷な環境下で生き延びていくために強い抗酸化力をもつとされています。

 

ヒトの体内器官や皮膚にも存在していますが、体内で自ら作り出すことができないため、食事や化粧品など、体の外から積極的に補給する必要があります。

近年では、加齢による目の疾患に対する効果がある成分としても注目されています。

 

 

抗酸化力が高くコラーゲンの生成も促すビタミンC誘導体を活用

ビタミンCは、化学の分野ではアスコルビン酸と呼ばれており、昔から肌に良いと言われてきました。

 

しかし、浸透性に欠けている為、その効果を十分に発揮できないのが欠点でした。

そこで、浸透しやすいように改良したものが、ビタミンC誘導体です。

 

紫外線が多い夏だけしか付けない、あるいは、シミやシワが目立つ所だけしか付けない、という人も結構おられますが、肌老化は部分的ではなく顔全体で総合的に推移するため、効果を生かすには、1年を通して毎日朝晩顔全体にしっかり塗ることが大切です。

 

また、ビタミンCは、ビタミンAとの相性が良いため、パルミチン酸レチノール入り化粧品やレチノイン酸トコフェリル入り化粧品と併用すれば、相乗効果が期待できます。

 

イオン導入美顔器で抗酸化エイジングケアを習慣化

デイリーケアに欠かせないビタミンC誘導体の配合の化粧品ですが、よリ効果的に浸透率をあげて効果を生むためにも美顔器のイオン導入効果を取り入れることがおすすめです。


目の下のたるみ改善の新常識!

2017年目の下のたるみ改善美顔器ランキング

今や一家に一台は当たり前!?
家庭用美顔器は目の下のたるみ、ほうれい線などあらゆる加齢たるみを改善するスペシャルケアの新常識です!

無駄に時間とコストがかかる美容エステを家庭でお手軽にケアできる習慣としてものにすれば、いつまでも若々しい素肌を維持できまよ♪

→【2017年最新版】目の下のたるみを取る美顔器ランキングを今すぐチェック!