目の下のたるみ改善にはあの化粧品が必須!たった1つの選び方ポイント

エイジング先進国欧米ではもはや常識! 目の下のたるみはアイクリームでスペシャルケアを

目の下のたるみは、加齢や表情筋の衰えで避けることが難しいエイジング症状の1つです。

 

目の下がたるむだけで疲れ顔に見えたり、老け顔の印象が+10歳にも上積みする可能性も!

 

毎日のスキンケアをエイジングに切り替え、かつ敏感な目元付近のケアは丁寧にしないと目の下のたるみは中々改善しません。

 

また、自分に合った最適な化粧品を選ぶことで、肌と化粧品成分がマッチして改善に向かっていくので化粧品選びも重要なのです。

 

ここでは、目の下のたるみに最適な化粧品の選び方についてまとめてご紹介しています。

 

目の下は乾燥しやすいので保湿が大事

保湿の重要性
目の下のたるみには保湿が最も大事です。

紫外線などでダメージを受けた肌は乾燥が進み、ダメージが蓄積され徐々にたるみます。

 

皮膚が薄く、ただで乾きやすい目の下は保湿を万全に行わなければ肌のダメージを回復出来ないのです。

目の下のたるみに効果的な保湿成分を知り、化粧品を選ぶ際にはどのような保湿成分が入っているかどうかをチェックしましょう。

 

最強の保湿成分セラミドは必須!

目の下のみならず人間のお肌にとって最強の保湿成分は「セラミド」です。

 

保湿成分にもいろいろば種類がありますが、このセラミドは細胞間脂質の保湿成分なので、目の下のたるみや細かなシワなどにも効果を発揮するのです。

 

セラミドは多くの化粧品に含まれていますし、保湿力が長持ちする点でも目の下のたるみの改善には重要でしょう。

 

セラミド配合化粧品を選ぶポイント

 

化粧品の成分表示は、配合濃度の多い順に記載するようになっているので※、全成分表示の中でセラミドが上位に記載されているものを選びましょう。

 

※配合量が1%未満の成分と着色剤のみ順不同となっています。

 

花王「キュレル」やポーラ・オルビスグループのディセンシア「アヤナス」など、化粧品メーカーはもちろん、医薬品メーカーからも「ヒフミド」や「アルージェ」などのセラミド化粧品が開発されているので、参考にしてみましょう。

 

ビタミンC誘導体は肌に吸収しやすい保湿剤です

ビタミンが肌に良いと言うことは多くの人が知っていますが、ビタミンCはその中でも美肌作りに役立ちます。

 

ただ、ビタミンCはそのままでは肌に吸収しにくいので「ビタミンC誘導体」と呼ばれる肌に浸透しやすい成分に着目しましょう。

ビタミンCには、保湿効果や抗酸化作用、美白効果もあるので、ビタミンC誘導体で目の下のたるみにアプローチしましょう。

 

ビタミンCの浸透力はイオン導入で高める

 

スキンケアでは、肌の深い部分まで浸透できるかどうかは大きなポイントです。
これらの肌の深部は、皮膚の土台を支えて張りを生み出し、新たな皮膚細胞を作り出している大切な部分です。

 

そこへ浸透するためには、バリアゾーンを突破しなくてはならず、先述した「ビタミンC誘導体」以外に、それを実現するものがイオン導入美顔器です。

 

また、肌への効果が大変高い成分のビタミンCですが、それも機能が働いている部分へ届いてこそ効果を発揮します。

 

残念ながらビタミンCはそのままでは肌に吸収されにくい成分ですが、幸いなことに水溶性のビタミンCはイオン導入することができます。イオン導入のシステムによって肌への浸透を高め、その効果を発揮することができるようになるのです。

 

扱いが難しいが肌にとって有益なレチノール

「レチノール」はビタミンAの一種です。

人間の体内にもともと備わっていて、繊維芽細胞に働きかけながらコラーゲンを増やしていきます。

 

コラーゲンの減少がたるみやシワを作り出すので、レチノールを配合している化粧品で目の下のたるみをブロックしましょう。

 

レチノールをもっと詳しく

 

ビタミンAは水に溶けない脂溶性ビタミンで、私たち人間の身体にとって必要不可欠な栄養素です。

 

ビタミンAは「目のビタミン」とも呼ばれ、目の網膜でロドプシンという物質をつくり出し、光の刺激を脳に伝えるサポートをすることから、ビタミンAが不足すると夜盲症(いわゆる鳥目)になるのです。
眼精疲労やドライアイなどにも効果があるとされ、点眼薬にも配合されています。

 

女性にとって嬉しいのは、皮膚や粘膜を保護するはたらきで、上皮細胞の形成をサポートし、肌を健康に保つはたらきがあります。

 

レチノールは肌に塗ると酵素のはたらきによってレチノイン酸に変化し、肌のターンオーバーを促進したり、真皮の線維芽細胞にはたらきかけてコラーゲンの産生を促すなどの効果が期待できます。
ところが、肌にとっては刺激の強い成分であるため、化粧品への配合濃度は0.01~0.1%とそれほど高くはありません。

 

また、ピーリング効果もあることから肌が赤くなったりする副作用の心配もあり、肌が弱い人にはあまり向いていない成分です。

 

目の下のたるみに最適な化粧品の選び方

化粧品の選び方

 

スキンケア・化粧品といってもその種類は豊富で、役割によってそれぞれ配合されている成分も全く別物です。

 

化粧水から美容液、クリームまでさまざまな形状のものが、各メーカーが凌ぎを削り、次々と新製品が販売されていますね。

目の下のたるみに一番効果的な化粧品を知ることで、改善までの道のりも短くなるでしょう。

 

目の下のケアの基本は低刺激のもの

目元は皮膚が薄く、とてもデリケートな部分です。そして、刺激が伝わりやすい場所です。

適当な化粧品を使うと目元を刺激しまし、他の顔の部分と同じ化粧品では刺激に耐えられずにシワなどの原因となる可能性もあります。

 

敏感で刺激に弱い目の下のたるみにアプローチできる化粧品は「アイクリーム」です。アイクリームは目元の肌に合わせて設計された専用のスキンケア化粧品なので、目を労わりながらあらゆる目元の悩みを解消していくことができます。

 

また、今までのスキンケアに目元のスペシャケアとして一本追加するのみなので、見た目年齢を左右する目元をしっかりエイジングしていきましょう。

 

アイクリームを選ぶポイントをチェック!

エイジングアイクリーム

 

アイクリームを目の下に塗って、より確実に目の下のたるみを解消するためには、ポイントを抑えて選び抜きましょう。

ここでは、アイクリームを選ぶ時のポイントをまとめてみました。

 

アイクリーム選びのポイント
  • 目元にハリや潤いをもたらす成分が含まれていること
  • 伸びがよく、目の下に馴染むクリームであること
  • ベタつかずにさっぱりとしたクリームで快適に使えること
  • お試し用のトライアルが用意されていて自身の肌にテストが出来ること

 

こうしたポイントを抑えてアイクリームを選んでみると、自分に合った最適なものが見つかります。

 

まとめ

目の下のたるみは早く何とかしたいですが、私たち人間の目元は想像以上にデリケートです。

 

使い心地が良く、有効成分が目の下のたるみに確実に効果を発揮するようなアイクリームを選んでみましょう。


目の下のたるみ改善の新常識!

2017年目の下のたるみ改善美顔器ランキング

今や一家に一台は当たり前!?
家庭用美顔器は目の下のたるみ、ほうれい線などあらゆる加齢たるみを改善するスペシャルケアの新常識です!

無駄に時間とコストがかかる美容エステを家庭でお手軽にケアできる習慣としてものにすれば、いつまでも若々しい素肌を維持できまよ♪

→【2017年最新版】目の下のたるみを取る美顔器ランキングを今すぐチェック!