原因や解消法が大違い!?目の下のたるみと憎きクマの見極め方まとめ

原因や解消法が大違い!?目の下のたるみと憎きクマの見極め方まとめ

 

目の下のクマは疲れのせいかな、と勝手に思い込んでいる人はいませんか?

 

実は目の下にあるくすみの正体がクマではなく、たるみであることも考えられるのです。クマであれば疲れが取れれば解消も早いですがたるみの場合にはそうはいきません。

 

違いを認識してケア方法を考える必要がありますので、ここでは目の下のたるみとクマの違いについて解説していきましょう。

 

目の下のたるみとクマの違い、見極め方

目の下のたるみとクマの特徴から違いを判断して、自分の場合はどちらの症状なのかを見極める必要があります。

 

クマの種類別原因と症状

目のクマの原因としては、

 

  • 睡眠不足
  • 疲労
  • ストレス
  • 体調不良

 

などによるによる血行不良だけでなく、眼精疲労、ドライアイも目のクマの原因になることがわかっています。

 

でも、どうして目のまわりにだけ、「目のクマ」ができるのでしょうか?

 

それは、眼のまわりやまぶたの皮膚が、まわりの皮膚に比べてとても薄く敏感で、皮膚の下の血管の色などが見えているからです。

 

特に、眼の下の皮膚は0.6ミリととても薄く、卵の薄皮程度しかありません。

人体の中でも特に眼の下は薄いので、睡眠不足や疲労、ストレスによるうっ血などで血液が黒ずんでいたり、皮膚にメラニン色素が沈着した状態では、その部分が黒ずんで見え、それが「目のクマ」となるのです。

 

黒グマ
たるみ、皮膚のへこみやくぼみなどが原因のクマ

黒クマの原因は主に以下の2つに分類されます。

 

  1. 生まれつきの目元

  2. 生まれつき目の下の脂肪が少ない、または加齢により目の周りの脂肪が縮んだり、皮膚のたるみの影響で皮膚のへこみが目立つために影が出来るタイプのものがひとつ。

     

  3. 加齢による筋肉の衰え

  4. 加齢により目の下の眼窩脂肪(がんかしぼう)を支えている筋肉が緩くなり、眼窩脂肪が突出することにより、たるみが生じ、その下にへこみができるタイプのもの。

 

茶グマ
色素沈着などが原因のクマ

続いて「茶グマ」は2種類に大別され、1つは色素沈着が主な原因です。

乾燥や紫外線でメラニン色素が増えたり、アイメイクや目の刺激で色素沈着をしているパターンを指します。

 

もう1つは真皮レベルでメラニンが皮膚の奥の方に「沈着」したものです。

原因は、遅発性両側性太田母斑様色素斑(ちはつせいりょうそくせいおおたぼはんようしきそはん)と呼ばれるアザです。

 

20歳を過ぎた辺りから、両頬・おでこ・小鼻・目の下などにあらわれる青みのある灰色と茶色が混ざったような色素斑のこと。メラニンが皮膚の奥に沈着している状態です。

 

青グマ
睡眠不足や疲れによる血行不良などが原因のクマ

青グマは血行不良が主な原因で、ストレスや睡眠不足によって脳が疲れていることで出やすくなります。

目の周りの皮膚は非常に薄いので、血行不良が色として現れやすくなるのです。

 

最近では、日中スマホやパソコンを使う人が多いですが、パソコンの画面を凝視することで、血流が滞ることも大きな原因の1つと考えられます。

 

目の下がたるむと影ができ黒クマになる?

クマには三種類があると先述しましたが、実はその中でも「黒グマ」は目の下のたるみによって黒いクマのように見えてしまうのです。

 

黒いクマがある人は、目の下のたるみである可能性が高くなります。

 

黒グマは表情筋の衰えから出やすいクマ

黒グマは、目の下のたるみによって黒ずんでいきます。

 

加齢から皮膚にたるみが出ることで、黒い影となって肌に刻まれてしまうのです。

しかし、黒いからと言って100%たるみであることはいえないので、セルフチェックをして確かめてみましょう。

 

たるみとクマのどっちでしょう?

たるかクマかを見分けることは簡単ですので、気になった方は今すぐ鏡を見てチェックしてみましょう。

 

  1. 下まぶたの目頭部分を指先で下に軽く引っ張ります
  2. 引っ張る時は軽い力でやってみましょう
  3. 影が消えましたか?まだ残っていますか?

 

影が消えている場合には「たるみ」です。

影が消えない場合は通常の茶グマか青グマだったということです。

 

黒グマがたるみだった人の解消法

今まではただのクマだと思っていた人でも、セルフチェックで目の下のたるみだと気が付いた人は、今すぐにでも目の下のたるみを解消させていきましょう。

 

皮膚のたるみは老化現象が始まっているサインです。目の下のたるみが目立ってくると表情が疲れていたり、印象も随分と老け顔として与えることも...。

 

生活習慣を見直したり、加齢にともにエイジングのスキンケアをしっかりと行なっていくことが大切です。

 

表情筋を鍛える&スキンケアで改善

クマではなく、たるみだった人は顔の表情筋を鍛えることや正しいスキンケアを始める必要があります。

 

早く対処すれば、改善までの道のりも当然早まります。自分に合った最適な方法で目の下のたるみをなくしましょう。

 

クマの種類や原因、対策は違いますが、共通の対策があります。女性は冷え性の方が多いですが、その冷えが「クマ」の大きな原因になっているということです。クマガキになる方は身体を冷さないことに気を遣いましょう。

 

効果的な「クマ」の解消や予防方法

  • 簡単ストレッチで目の周辺の筋肉を鍛える
  • 目元マッサージで血行を促進させ、くまを改善
  • 目の下のくまに効くツボを押す

 

また、日々のスキンケアとして目元のエイジングスペシャルケアは必ず行いたいところ。

 

血行を促進するものや真皮のコラーゲンを活性化させる浸透力の高いアイクリームが有効です。

目の周りの血流だけをよくするのではなく、全身の血のめぐりをよくするためにも、半身浴や適度な運動は予防になります。

 

また喫煙は毛細血管の血流を悪くするので禁煙も大切です。

 

まとめ

目の下にクマが出来ていると思って、睡眠不足を解消したり疲労回復をさせてもそれが目の下のたるみである限り容易には改善しません。

 

目の下のたるみは表情筋を活発化させたり、肌の保湿に力を入れる必要があります。

これらを同時に家庭で手軽に実行できるのが「美顔器」です。

 

美顔器は一台あればスキンケアが万全になり、驚くほど目の下のたるみの改善に即効性があります。

家庭用美顔器を賢く使って、目の下のたるみを早期に解消させましょう。


目の下のたるみ改善の新常識!

2017年目の下のたるみ改善美顔器ランキング

今や一家に一台は当たり前!?
家庭用美顔器は目の下のたるみ、ほうれい線などあらゆる加齢たるみを改善するスペシャルケアの新常識です!

無駄に時間とコストがかかる美容エステを家庭でお手軽にケアできる習慣としてものにすれば、いつまでも若々しい素肌を維持できまよ♪

→【2017年最新版】目の下のたるみを取る美顔器ランキングを今すぐチェック!