目の下のたるみを取る美顔器選びの3つの絶対条件とは!?

目の下のたるみはなぜ起きる!?主な原因とは一体?

目の下のたるみをとる美顔器の絶対条件

私たちの体のなかでもっとも皮膚の薄い箇所が、目元です。それにも関わらず、パソコンの使用などで酷使したり、油分の多い化粧品を塗り重ねたりする部分でもあるため、たるみが生じやすい条件が揃っています。

 

日本人はまぶたに脂肪が多くついている傾向があるのですが、欧米人に比べ表情をおおげさに出すことが少ないため、まぶたの脂肪を支える筋肉を動かす機会が少なく、目の周りの筋肉が衰えがちです。

 

皮膚は、表皮・真皮・皮下組織の3層からできており、その下に脂肪組織と筋肉があります。

若い人の肌は、みずみずしく弾力がありますが、これは皮膚の内部で細胞分裂が盛んに行われ、新陳代謝を繰り返すことで、柔軟性・弾力性のある肌が保たれているからです。しかし、それも20歳を過ぎた頃から、その働きが衰え始め、だんだん柔軟性が失われていきます。

 

また筋力が衰えることで血流やリンパ液の流れが悪くなるので、老廃物の排出がスムーズに行われなくなり、むくみが生じて脂肪がつきやすくなります。これらが要因となり、たるみが起こるのです。

 

簡単に説明すると、

 

  • 老化現象によるコラーゲンの減少

  •  

  • 骨格の変化による眼窩脂肪のふくらみ

 

といったような肌の奥の真皮層の変化によって起きているということです。

 

こうした目の下のみならず顔の様々なたるみを解消するために、絶対失敗しないための美顔器選びの条件をご紹介していきます。

 


美顔器がたるみを取ってくれる理由とは!?

先程も述べましたように、目の下のたるみの原因はコラーゲンの減少にあります。

 

コラーゲンは肌の弾力を守るスプリングとして例えましょう。

そのスプリングを強化するケアに最適なのが、ビタミンCです。エイジング化粧品では一般的にビタミンC誘導体成分としてかなりポピュラーになってきましたが、これらをデイリーケアに使うことはたるみやシワを解消する上ではとても大切になります。

 

コラーゲン生成に不可欠なビタミンCはそのままでは吸収しにくく、ビタミンC誘導体と呼ばれるものは肌に吸収しやすい形にしたものです。

 

そのビタミンC誘導体を美顔器を使うことで、浸透率をあげる(20倍以上)ことが出来、よりコラーゲン強化に適したケアが有効になるということです。

 

 

表情筋も効果的に鍛えてくれる

さらに目の下のたるみを解消するには表情筋を鍛えることも欠かせません。

 

表情筋を鍛えるにはエクササイズが有効ですが、正直カラダの筋肉トレーニングと同じく3日坊主になりがちなのがこうしたエクササイズのデメリットでしょう。意識して継続出来る方ならお金もかからないうえに、スキマ時間をみてできるので効果はあるでしょう。

ただ、こうしたエクササイズには注意が必要です。先ほどお伝えしたとおり、目元の皮膚はとても薄くデリケート。肌をこするようなエクササイズは摩擦を生じ、たるみだけでなくシミやシワといった肌トラブルを悪化させる要因になります。

 

しかし、美顔器で表情筋を鍛えるなら時短でもっとお手軽に、効果的に鍛えることが可能ですし、週に2回ほどの筋肉の超回復メソッドに合わせたケアも簡単に行なえます。

 

摩擦のようなトラブルも使い方を間違えなければ大丈夫です。

 

 

目の下のたるみを取る3つの絶対機能はこれ!

基本的に、表情筋にアプローチしてリフトアップ効果を発揮してくれるのが、クレンジング効果、マッサージ効果、温熱効果の3つの効果が期待できるものです。これらの効果が相乗的に働くことで、リフトアップに効率よく繋がります。

 

ラジオ波(RF)の温熱効果

 

超音波の振動により、分子と分子の間に摩擦が起こります。主な機能としてラジオ波(RF)と呼ばれるもので、体に照射すると、ジュール熱をという熱を発生させます。熱を発生させることで体の奥から体温が上昇していきます。

 

体の奥から体温が上昇すると、リンパの流れや血流が促されます。このように代謝が促されるため、シミやくすみ、むくみといったエイジングの悩み、リフトアップへの効果が期待できるのです。

 

EMSのマッサージ効果

電気の刺激で表情筋を自動的に動かし、肌をキュッと引き締め鍛えることのできるEMS機能が一般的で効果的です。筋肉に刺激を与えて鍛えて、コラーゲン生成を促す作用もあります。

 

イオン導入効果

イオン導入を簡単に説明すると「化粧水に配合された成分をより深く送り届ける方法」です。

もとは、医療の分野において薬剤を肌に浸透させるために使われてきた方法で電流の力で浸透させるしくみのことです。

 

この3つの機能を兼ね備えた美顔器が目の下のたるみを解消するのに最も適した条件を備えているといえます。

 

さらに、イオン導入はたるみとともに様々な効果を享受できる本当に優れた機能なので、ご紹介しておきましょう。

 

 

目の下のたるみを取るのに欠かせないイオン導入ケア

イオン導入期の仕組み
今ままでのイオン導入は美容クリニックなどでの施術が主でしたが、今は自宅で手軽に効果的なイオン導入ケアが出来る家庭用美顔器がでています。

 

このイン導入ケアにはたるみを取るのみならず様々なメリットがあります。

 

浸透性を高められる

イオン導入の優れた点は、なんといっても成分を肌の深くまで送り届けることができることです。

 

化粧水を単純に肌につけただけでは、ほとんどの成分が角質層までしか浸透しません。 イオン導入なら、物質の侵入を防いでいる肌のバリアゾーンを突き抜けて数十倍もの量をさらに隅々まで送り届けることができます。

 

スキンケアでは、成分が肌の隅々まで浸透できるかどうかが大きなポイントになります。肌の深部は皮膚の土台を支えてハリを生み出し、新たな皮膚細胞を作り出している大切な部分です。その場所までスムーズに成分を届けてこそ、スキンケアの効果が期待できるのです。

 

成分を大量に送り込める

化粧水を単純に肌につけた場合は、化粧水中の成分は皮膚への自然浸透を待たなければなりません。 そのうえ角質層より深部はバリア機能に阻まれるため、皮膚へ浸透する成分の量は実際に肌に塗った量に比べると非常にわずかです。

 

ところが、イオン導入を行うと積極的に皮膚に成分を送り込むため、短時間のうちに吸収することができ、より多くの成分を一度に送り込むことができるのです。

 

部分的・集中的なケアができる

イオン導入は、気になる部分だけに集中してケアすることもできます。顔全体にまんべんなくケアできれば良いのですが、外傷がある場合や皮膚が弱い部分などは避けたほうがよいので、そのような場合にも適しています。

 

手軽で簡単

もともとは医療分野で使われていたケアが「自宅で簡単にできる」といのも大きな魅力です。特に難しいテクニックや高額な機器が必要なわけではなく、短い時間で簡単にケアができます。

 

 

まとめ

目の回りの皮膚は薄くて弱いので、たるみなどのダメージが他の顔のパーツより表面にでてくるのが早いといえます。

 

なので、気付いたときには遅いくらいなので、早めにこうした美顔器を取り入れた効率的で効果のあるケアを積極的に取り入れていきましょう。

目の下のたるみ改善の新常識!

2017年目の下のたるみ改善美顔器ランキング

今や一家に一台は当たり前!?
家庭用美顔器は目の下のたるみ、ほうれい線などあらゆる加齢たるみを改善するスペシャルケアの新常識です!

無駄に時間とコストがかかる美容エステを家庭でお手軽にケアできる習慣としてものにすれば、いつまでも若々しい素肌を維持できまよ♪

→【2017年最新版】目の下のたるみを取る美顔器ランキングを今すぐチェック!