加齢に負けない!目の下のたるみを無くすための5つの意識改革とは?

目の下のたるみは加齢だけじゃなく様々な要因がある

目の下のたるみをなくす意識改革

 

目元付近の印象...。これは人の視線はどうしても目元に集中してしまいます。

その分、加齢とともに悩みが深くなる顔のたるみの中でも「目元・目の下のたるみ」の悩みは深刻です。対策で大切なのは、表情筋を鍛えることとと基礎化粧品の2方向からのアプローチです。

 

ここでは、目元のたるみの本質的な部分を理解して、年齢という理由であきらめなくても良い、効果の期待できる大切なケアをご紹介します。

 

普段の日常においてこれらのポイントを意識しておくだけで、グッと目の下のたるみは解消されるでしょう。

 

 

目の下の本質的なたるみの原因と改善ポイント

老け顔の原因となる目の下のたるみには、皮膚のむくみによって生じるものと加齢に伴う眼輪筋と言われる部分の衰えにより脂肪の垂れ下がりが原因で生じるものがあります。

 

加齢によって眼球の周囲にある眼輪筋(がんりんきん)と呼ばれる筋肉が衰えると、眼輪筋によって支えられていた目の下の脂肪が重力に従って下がってくることによって、たるみが生じます。

 

ぱっちり二重等で目の大きい人はとくに眼輪筋がゆるみやすく、若いうちからこうしたたるみを生じやすく悩んでいる人も多いといわれています。

 

さらに、たるみを生じる部分の下の皮膚は歳とともにハリとうるおいを失って痩せくぼんでくるため、上部のたるみを強調する原因となります。これが目の下のたるみの根本的な原因、解消すべき本質的な要因です。

 

表情筋を鍛える

表情筋

 

まず1つ目は、なによりも表情筋を鍛えることが大切です。

顔には30個以上も表情筋と呼ばれるものがありますが、これらの筋肉を鍛えることを普段から意識して過ごすだけでも充分に目の下のたるみをなくす手助けになります。

 

目元のエクササイズは洗顔後・入浴後に手軽にでき、目元がほぐれるため気持ちよく行えます。アイクリームをお使いの方はクリームを、そうでない方はオイル(オリーブオイル、ホホバオイル、アマニオイル等スキンケア用ならば何でもOK)を用意してください。

 

洗顔後、入浴後に化粧水・乳液等の基本的なスキンケアを終えたら、アイクリームかオイルを目の回りに薄くのばしてください。そして、エクササイズ開始です。

 

まず、眉を上に引き上げます。そのまま指で眉のあたりを押さえて固定してください。そして、下まぶたを押し上げるようにして目を閉じたり、開いたりを繰り返してください。このエクササイズを10セット行います。

 

次に、中指で目頭(上まぶた側)を押さえて固定してください。そして指を離さず、同時に目尻を人差し指で押さえて上まぶたを左右に伸ばしてください。このエクササイズを10セット行います。

 

徹底した保湿

2つ目は保湿をしっかりと行うこと、です。

目元のたるみというのは、シワと同じメカニズムで作られるのです。そのシワがなぜ出来るのかというと、乾燥と大きな関係があります。そのため、乾燥させないように保湿をしっかりとすることを普段から心がけることはとても大切になります。

 

保湿というと、単に保湿効果のある化粧水を使ったり、クリームなどを使うことと考えがちですが、実際は普段の生活習慣、特に洗顔方法などを見直すことがとても重要になってきます。何故なら間違った洗顔方法では、いくら保湿をしたとしても全く効果が発揮できません。

普段から何気なく行っている洗顔方法が逆効果になっているとしたら勿体ないですよね。

 

正しい洗顔方法で洗顔をし、洗顔後すぐに保湿をしっかりと行ってあげましょう。この時の保湿化粧水などの化粧品はなるべく潤いを保つ効果のある成分が入っているものを選ぶとよいでしょう。さらに、美容液などの効果をしっかりと発揮させるためにも、週に1~2回程度スペシャルケアとしてイオン導入美顔器などを使うこともオススメです。

 

肌のたるみを予防し潤いを保持できる美容成分をしっかりと真皮まで届けてあげることが、目の下のたるみの予防に効果を発揮してくれます。そして、化粧水や美容液などを付けるときに、マッサージなども同時に行うと更に目の下のたるみ予防効果をアップさせてくれます。

 

紫外線ケア

最後3つ目は紫外線ケアをしっかりと行うことです。

メイク前に日焼け止めを欠かさず、丁寧なケアを行うことが大切です。日焼け止めで勘違いされていることが多いのが、朝に1度塗れば充分と思っている人がいますが、これは間違いです。何故なら夏場など汗をよくかくことで、せっかく塗った日焼け止めも流れてしまっているからです。

 

今やほとんどの人が、太陽の紫外線が皮膚に損傷を与え、時には皮膚癌の危険を増加させることを知っています。

しかし、紫外線カットに真剣になっている人はごくわずかです。ほとんどの人は「自分にはあまり関係ない」と思い込んでいます。そして、自分の皮膚を生活紫外線にさらしてしまっています。
日焼け止め剤を上手に使い、日常の紫外線から皮膚を守っておくことは、思っている以上に大切です。

 

日焼け止めの3つの掟

浴びた紫外線はタクシーのメーターのように加算されて、ある日貯金がいっぱいになるとシミやたるみ、くすみなどになって一気に表面に表れてきます。

 

この負の貯金を貯めないコツは塗り方です。ささっと簡易に塗らずに、目尻のキワ、口の端、小鼻のキワなど凹んでいる部分にも漏れなく塗りましょう。頬骨や眉丘、鼻などの凸部分は日差しを四方八方から受けるので、塗り重ねで鉄壁ガードを心がけてみましょう。

 

  1. 掟1

  2. その日の行動に合わせ日焼け止めを選ぶ
    できたら、その日の行動スタイルに合わせたSPF・PA値の日焼け止めを使い分けるのがオススメです。少しの外出にもきっちりと塗りましょう。

     

  3. 掟2

  4. 日焼け止めは塗り直しも大切
    最低でも1日に1回、オイリー肌でメイクが崩れやすい女性は、2~3回のこまめな塗り直しが大切。完全にヨレてしまう前に、こまめに皮脂などをティッシュで押さえれば回数が減らせます。

     

  5. 掟3

  6. 日焼け止めは最低でも2個持つ
    SPF15~35、PA+++のデイリーユース用とSPF40以上、PA+++の強い紫外線に長く当たる時間を2つ持てれば良いでしょう。海や沖縄などの南の方に行く際は、ウォータープルーフ仕様のものが大活躍しますよ。

 


特に重要視したいのがコラーゲンの産生力

化粧品や美容食材としても有名なコラーゲンは、私たちの体にも存在しています。

コラーゲンは骨や血管にも存在し、器官をしなやかに保つ働きがあります。体内で最もコラーゲンが多いのは皮膚で、全体の約40%を占めています。

 

そして主に、肌のハリを支えてくれる重要な成分なのです。

 

コラーゲンの減少量

 

コラーゲンは肌を支え、ハリと弾力をキープしますので、美肌を目指す上では大変重要な成分と言えるでしょう。なお、コラーゲンは、20代と比較して60代では3/4程度にまで減少します。

 

 

コラーゲンは食べても外から塗っても意味がない!?

「コラーゲンを補う」と謳っているスキンケアにはいくつかありますが、コラーゲンは分子が肌の隙間より大きいため、残念ながら、真皮はおろか表皮にも浸透しません。

 

また、コラーゲンを含む通常の食品を摂取した場合、コラーゲンがそのまま吸収されることはありません。

 

摂取したコラーゲンは1度、アミノ酸レベルまで分解され、再び構成(合成)されるという経過をたどるのです。分子が大きいコラーゲンは、胃液や各臓器の酵素によってアミノ酸ペプチド(アミノ酸が連なった細かい単位)にまで分解されます。

その後、腸で吸収されたアミノ酸ペプチドが、再びコラーゲンとして生成されるのです。

 

 

コラーゲン産生に必須なビタミンCの効果

コラーゲンは私たちの身体にとって不可欠な構成要素です。しかし、いくらコラーゲンを十分に摂取しても、ビタミンCが不足では、コラーゲン生成がきちんと行われないのです。

 

その理由は、ビタミンCはコラーゲンを合成する時に必要な酵素の働きを助ける補酵素として働くといわれているからです。

 

たとえば、出血が止まらなくなる「壊血病」はビタミンC不足が原因。これは、ビタミンC不足により、身体に必要なコラーゲンが生成されないことから、皮膚組織や粘膜・血管が脆くなるため引き起こされるのです。

 

先程も説明したように、コラーゲンは皮膚の70%を占める主要な構成要素。皮膚のかさつき、たるみ、シワ、シミ対策には、十分なビタミンC摂取が必要と言えます。

 

皮膚への効果を考えた場合、ビタミンCの口からの摂取(経口摂取)と併せて、ビタミンCを配合した化粧品によるスキンケアがポイントです。

 

 

目の下のたるみ解消におすすめのスプリングケア

コラーゲン産生のポイントはビタミンC誘導体が鍵をにぎると先程述べましたが、デイリーケナに使いたいビタミンC分配合の化粧品はそのままではお肌に吸収しにくい成分です。

 

なので、ビタミンC誘導体はビタミンCを肌に浸透しやすい形にしたもので、今では化粧品の中でもポピュラーなものになってきました。

さらに効果を発揮するために美顔器でイオン導入を行うと効果はおよそ20倍以上になります。

 

ビタミンCを効率的に浸透させる美顔器ケアでふっくらとハリのある肌と目の下のたるみに立ち向かいましょう♪

目の下のたるみ改善の新常識!

2017年目の下のたるみ改善美顔器ランキング

今や一家に一台は当たり前!?
家庭用美顔器は目の下のたるみ、ほうれい線などあらゆる加齢たるみを改善するスペシャルケアの新常識です!

無駄に時間とコストがかかる美容エステを家庭でお手軽にケアできる習慣としてものにすれば、いつまでも若々しい素肌を維持できまよ♪

→【2017年最新版】目の下のたるみを取る美顔器ランキングを今すぐチェック!